子供に教えておきたい!鍵紛失に備えた管理方法の基礎

子供に鍵を持たせる心構え

鍵の大切さがわかる年齢に達するまでは一時預かりなどを利用するのも一案ですが、長くは続きませんし、友達付き合いを通した子どもの世界を広げてあげることも親の務めです。鍵紛失を繰り返すことがないよう、鍵の大切さを教えましょう。ただし子供にそれを伝えるには親の心構えが必要です。なくさないための持たせ方を変えるといった工夫を行うほか、子供に防犯意識を植え付けることも大切です。もちろん、子供の特性や性格を踏まえてその子に合った鍵の管理方法を模索することも必要です。


子供に鍵を持たせたいのですが、不注意で失くさないか不安です。安全な持たせ方というのはあるのでしょうか。
今のご時世、どの方法も万全な方法とは言い切れませんが、伸縮ワイヤー付きのキーホルダーに鍵をつけ、ベルトホルダーや洋服につなげてからポケット保管をしてもらうことを提案します。この方法だと、活発なお子さんでもポケットから鍵が飛び出るというリスクを減らすことができますし、体から鍵を離すこともありませんのでおすすめです。
服に鍵を身に付けさせる方法だと、付け替えを忘れてしまいそうです。他にいい持たせ方があれば教えてください。
服にキーホルダーをつける場所がない、毎朝の着替えの時に着け忘れそうという場合は、同様の方法でランドセルやかばんの内ポケットに忍ばせておく方法も一案です。内ポケットのジッパーを締めることで、第三者に鍵の存在を悟られることもありませんし、鍵を固定するため、出し入れのリスクを格段に減らすことができます。ただし、かばんの盗難や置き忘れのリスクは否めないので、子どもへの意識付けが求められます。

鍵紛失対策グッズで安心

子供による鍵の持ち歩きに不安が残る場合や、兄弟それぞれに鍵を預けること自体リスクに感じる場合は自宅に「キーボックス」を設置することも検討してはいかがでしょうか。4桁の暗証番号を入力すれば箱が空き、その中に保管してある鍵を取り出して自宅に入るという方法を取れば、鍵を複数作る必要や紛失のリスクがなくなります。ただし、暗証番号の失念や他人に知られるような行為があれば本末転倒です。暗証番号の管理に関してもリスクを教える必要があります。

TOPボタン