子供に多い鍵紛失は鍵修理サービスでカバーすることが可能

子供の鍵紛失対策

子供

今や核家族が当たり前となり共働きという家族も珍しくありません。小学生の子供に家の鍵を持たせている家庭も多くありますが、心配なのが「鍵紛失をした時」です。自分の持ち物に対する管理能力に乏しいのは子供ならではの特性。ここでは、子供が鍵紛失をした時の対処法についてまとめてみました。

子供が鍵紛失をした時の対処

ステップ1:子供の行動を確認する

まずは子供の足取りをたどります。鍵を持って外出した時から自宅へ帰るまで、鍵紛失をするまでにどういった行動を取ったのか、まずは聞き取り調査をしてみましょう。

ステップ2:警察に連絡

鍵紛失をしたらできるだけ早く最寄りの交番へ遺失物届を提出します。もしかしたら警察に届いているかもしれません。子供の鍵に名前や住所を書いていたという場合はできるだけ早く警察に届けましょう。

ステップ3:鍵の交換

鍵紛失で拾われた鍵で家を特定される可能性は限りなく低いのですが、カードキーなど特徴的な鍵やキーケースに記名がある場合は、万一の備えシリンダーごと交換することをおすすめします。

鍵の取り扱い方を教える

子供が鍵紛失をしてしまうのは「鍵がどれだけ大切なものであるか」を理解していないから。子供に鍵を渡す前から鍵の取扱い方を教えます。失くした時は家に入れないショックで十分鍵の大切さがわかったはずですので、叱らずに再度鍵の大切さを説きましょう。

重要性を認識させる
鍵紛失をしてしまうと家族が家に入れなくなるだけではなく、「泥棒に入られるかもしれない」「悪い人にお家を知られると、付きまといなど、あなたの身の危険にもつながる」ということを繰り返し説明しましょう。子供の特性もあり、鍵の重要性を認識してもらうのは時間がかかるかも知れませんが、何度も説明することが大切です。
取り扱い方の指導
鍵の取り扱いについて丁寧に指導しましょう。他人に見せないこと、貸さないことはもちろんのこと、必ず身につけておくことや必要以外の場面で取りださないことなどもしっかりと教えます。また「鍵を持っている=自宅は不在」という意味の怖さ、鍵をなくすとお父さんやお母さんも困るということも教えていくと理解しやすいようです。

新しく鍵を作り直すだけでは不十分~防犯意識を持つ~

複製だけで本当に安心?

女性

鍵紛失をしたら、新しく作りなおせば良いとマスターキーを複製して対処する方も少なくありません。「紛失ではなく盗難だったら?」と思うと、複製では何の解決にもなりません。万一に備えてシリンダーごと鍵を交換することをおすすめします。

鍵紛失の時は交換も一緒にしておこう

子供が鍵をなくしたら、まずは鍵専門店に連絡をしましょう。充実したノウハウでしっかりと対処し、鍵交換の最善策を提案してくれます。

迅速対応
鍵紛失に気づいてから早い段階で対応し、スピーディーに解決をしてくれる業者は安心です。家に入れない場合はもちろん、子供の身に危険が及ばないよう、365日24時間、いつでも30分以内の到着時間を心がける鍵専門店が便利です。
熟練された技術力
鍵のトラブルの内容によって左右されますが、ほとんどの鍵トラブルをその場で即座に解決できる業者だと頼もしく思えます。熟練の技術力を持っているスタッフがいる鍵専門店に依頼すれば、電子錠等の複雑な鍵トラブルにも安心です。
TOPボタン